2010年05月11日

スカピン。1〜3回まとめ(長いよ)

いやぁ〜〜。まさおショーブラン、最高でしたね〜〜。

スカーレットピンパーネル。
明日海りおさんバージョン1回。
龍真咲さんバージョン2回。
と公演期間中は計3回しか見ることができませんでした。
公演自体は、あと10日間程残ってはいるのだけれど、本日、マイ千秋楽を迎えたので、充分にスカピンを堪能。
満足いたしました、ワタクシ!!!


■4月某日ースカピン1回目ー
初日があけて3日目ぐらいに、まずは、まさおショーブラン(龍真咲さん)Ver.を観劇。

「あら、喉、つらそう…?」
「あの吐息まじりは、これからどうにか変化していくのかしら…?」
「あぁ、高らかに歌う真咲さんがみたいわ〜〜〜」

と心配したり悶えちゃったり。


初舞台生のラインダンスでは、

「ヤッ!!」

というかけ声に、なんとなく初々しさを感じられず、「なんだかな」という印象。

一方、キリヤンパーシーのまりもちゃんマルグリットの夫婦っぷりに、大いにメロメロ。
最初のキリヤンのソロシーンで、既にウルッときてしまいました。
いや、どのシーンでも、キリヤンが高らかに歌っている姿を見ただけで涙腺ゆるーくなってました。

キリヤンとまりもちゃんの安定した歌唱力と演技力に「はぁ〜」とため息をついてみたり。

「やっぱり、夫婦(めおと)モノっていいわね〜〜〜」

と、ウットリしましたよ。

仕方ないよね、今まで、独り身瀬奈たんしか生で見てないんだもの。
(彩乃かなみさんとの夫婦ものも見てみたかったなあ)
トート閣下、アリステアだもんなあ。


宇月楓さんをガン見したり、
もりえちゃんが歌いまくっている傍らで
パーシーと娘役さんたちがおしゃべりしている
ティータイムシーンをガン見しながら、
何をお話ししているのか妄想してみたり。

この間の【ハムレット】で思わず踊りに見とれてしまった海堂望さんを探してみるも、なかなか見つからなかったり。
次こそは、見つけちゃうぞ!と決意新たにしてみたり。

観劇後に、キャトルレーヴ前にてキリヤン(霧矢大夢)のポスターを何となく眺めていると、オバちゃん2人組が、

「き、り、や…(霧矢)
 なんてよむん?」

「さあ…。でも、よかったな。」

「よかったな!

 でも、何て読むん?」

「さあ…。なんやろな」

と会話をしておりました。どうにも気の毒になったので、

「ヒロムですよ。」

と教えてあげたら、

「ああ、ヒロム!!!
 
 ありがとう、うふふふ」

と喜んでおりました。


また、別の場所にて配役ポスターを眺めておりましたら、別のオバちゃんが携帯片手にキリヤンポスターと自分とを写メで自分撮り。
なんとなくまた気の毒になったので、

「撮りましょうか?」

と声をかけたら、

「あら、いいの〜〜〜?
 おほほほ。ありがとう〜〜〜〜」

と、キリヤンと一緒に写メにおさめてあげることができました。

やったね。


そんな大満足の1回目観劇でありました。


■4月某日ースカピン2回目ー
2回目の観劇では、明日海りおさんの、みりおショーブラン♪
お髭がはえてるのね、ショーブラン。
屈折した感じが、間違いなくて、ブレがない。
キリ!パリッ!と確実に表現されておりました。さすがだな。
11時公演を先に見ていた、かめころりんさんとお昼に少しだけ合流し、暗号のような会話(←ヒロコロリ曰く)を交わして、情報収集。

「ひげ!」
「あご髭!」
「みりお、いけとる。」
「○組さん達が観劇に来とった」

なるほどね、と、2回目を観劇。

ショーブランがアルマンを鞭で殴っちゃう(フリをする)シーンに、

明日海りおさんが、鞭でぶっちゃうなんて…

 むふふ。
」(←ミー、S?)

明日海りおさん。
今までワルとは縁遠い印象だったのでそのギャップにクラクラ。
たまにはいいわねえ〜こういうのもねえ。


今度は、ストーリもバッチリ理解しておりますので、さらにキリヤンのお歌やモリエちゃんのお歌を堪能。
何度聴いてもいいわね〜〜〜。
相変わらずの、キリヤン&まりもちゃんの安定した夫婦愛に魅せられまくりん。

王宮の舞踏会の場面では、ソノカとキリヤンが、片足あげて

「御意!」


というシーンが好きだなあ。
あの場面、楽しいわあ。


そういえば、ネットでファンの方が書いていた、
靴屋のオヤジのSっぷりに萌えた、
というつぶやきが気になったので、そのシーンも注意して見てみました。
確かに、シャルルをいじめ手なずけるシーンはけっこう痺れます。
ほんとのオッサンみたいでした。ゴイスー!(ミー、S?)


初舞台生のラインダンスでは、中央で踊っていた方の笑顔が大和悠河さん似の様な気がして、ガン見してしまいました。
前回に比べて、

「ヤ!!!」

に初々しさと元気を感じ、満足満足。


この日も、海堂望さんの姿を見つけることができず…

「まあ、いい、あと1回ある!」

3回目観劇に向けて、さらに決意新たに劇場をあとにしました。



■5月10日ースカピン3回目ー
そんなわけで、3回目。
充分に堪能はしてきましたが、もっとじっくりと良く見たい!というワタクシの願いが届いたのか、今日は2階S席(1列目中央)にて観劇することができました。
そりゃ、テンションもあがるよね。


本日は、心配していた真咲さんの喉も、安定しておりました。
ため息まじりのセリフの言い回しや歌い方に

「こんな風にしたかったのね〜〜〜!」

と、ためして合点ばりに、勝手に納得。

あたいは、今日のまさおショーブランが一番好き!
(きっと、東京公演ではもっと良くなるんだろうなあ。いいなあ。)



1幕の、ギロチンと民衆をバックに高らかに歌うまさおショーブラン。

じんわり涙がでたね。

まさに、


やればできる子!!!


と、心の中で叫んでしまったよ。
グイグイきてる、やっぱり、ぐいぐいきてるよ、龍真咲さん。
次の公演でも、この勢いで演じてほしい〜〜〜。(切望)


ショーブランが鞭打つシーンも、同じように、

「鞭打つ姿もセクシーだわ〜〜」

と、ひとりご満悦。

それにしても、なんだろな、あのショーブラン像は。
目を惹いて、じわじわと尾を引くというか。
吐息まじりが功を奏しているのか、内側から発する魅力やオーラなのか。



パーシーとショーブランとのからみで、キリヤンがアドリブをいれる場面があるのですが、今日は、フウテンの寅さんの姿で旅でもしたら?といった提案をしておりました。
大概、ショーブランは、
「はあ…」
と相づちぐらいで返すんだと思っておりましたら、
「旅にでたりしてみたいっす」
みたいなアドリブを返しておりました。

あらまあ、たのしいわねえ。



ちなみに、2幕もおわり、ショーの群舞場面で、やっと海堂望さんを発見。
一度見つけると、その後はラクチンね。
フィナーレでは、すぐに姿が分かりました。


最後、キリヤンが大階段をおりてくる時に、2階席だったからか、ミラーボールの光と、羽を背負ったキリヤンの姿が、すごく素敵で、思わずホロリ。


ええもん見せてもらいました。



3回観劇したなかでは、本日の公演が一番素敵な舞台でしたわ〜〜。
師匠かめころりんさんも、今日が一番えかった!とおっしゃっておりました。

あと10日程で千秋楽を迎えますが、さらにいい舞台になっていくんだろうなあ。



そうそう、今日のお客さん、

だいたいココで笑えるね、

というシーンに、皆さん、ちゃんと自然に大笑い。
通路挟んでとなりに座っていたオジさまオバさま達も、大いに笑っておりました。
こういう瞬間を共有できるのも嬉しいですねえ。



あ、全くスカピントは関係ありませんが、キャトルレーヴにて見つけた、夢咲ねねちゃんのポートレートハガキ。


片手で苺持って、写ってたで!!!


こんな娘役ポートレートハガキ、見たことない。
思わず買っちゃったもん。
やっぱり自分のことちゃんと分かってるね、ねねちゃん。
すげー。
posted by ニシユキ at 01:04| Comment(0) | ヅカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。