2010年05月29日

勉強家にゃおこ。

何気なくお出かけした午後。

夕方時間が空いたので、アンコールワット展を見ることにしました。

以前、イシコさんから、
「見に行きテエなあ…」
というつぶやきを聞いていたので、なんとなく、
「イシコさんが気になるくらいだから、なんかあるのかもしれない」(←根拠なし)
と少しだけ期待しつつ鑑賞。

【少しだけ期待】がよかったのか、アンコールワットについての知識があまりない状態で見たせいか、おもしろい展示内容でありましたよ。
(イシコさん、ありがとう!)

ちょうど、学芸員のギャラリートークもあったりして、充実したヒトトキ。

仏像、いいねえ。


いいよ、いいよお。



観賞後、お腹が空いたので、突然ではありましたがにゃおこさんに連絡をしてみました。

「この興奮は、彼女なら分かってくれるはずだ!」

という理由からであります。


案の定、「いいよ〜〜」との返事。
早速、待ち合わせをして夕飯を食べてきました。

今日はこんな一日をすごして、こんなものを見てきたよ、
とワンコールワット展の図録をみせました。


年表を見ながら、ジャヤヴァルマン7世や、ハルシャヴァルマン1世の名前を見つけては、

「ああ、この辺の名前、世界史で見た覚えがあるわあ、なつかしい…」

ウットリしながらつぶやくニャオコ。


「あ、ヘビだ」
「これは、仏佗が修行をしてたら雨が降ってきて、ヘビが雨に濡れないように…」

「ああ、アレね」

すぐさま逸話を思い出すことができる、ニャオコ。


また、大地の女神ネアン・プリア・トラニ像の写真を見て、

「おかしかろう、このポーズ」

といって、笑いながら喜ぶニャオコ。



「ラー・マーヤナ」のリアム・ケーより。
【猿軍がランカー島へ到着】という場面の絵を見て、ハヌマーンが巨大な姿になって、皆を渡らせるために橋になるという場面がありました。

ハマヌーンの上に乗って、渡っているおじさん達、可愛いなあ。

 ヤーーーー!!!ってな。あはは


と、喜ぶニャオコ。



喜ぶ視点がおかしい。


まあ、よろしいか。私も同じようなもんだ。



そういえば、にゃおこさんは、職場で戦艦ものが好きな営業マンから、

【月光】

という名前を授かったらしいです。
そういうイメージらしい。



イメージといえば、ある日突然、他の営業マンから、ガンダムの1stシリーズでいうなら、

「登場人物でいうなら、マチルダさんだよね」

と言われ、

「は、はあ。(マチルダって誰?)」

何も知らなかったニャオコさんは、
気になって1stシリーズを見て勉強したらしい。(勉強家だの)
その結果わかったこと。

「自分は、マチルダじゃネエな。

 キシリアじゃな。」

だと。

ついでに、私はどなたにあてはまるか聞いてみました。


キッカかな」


にゃるほどね。なんとなく納得。


【世界遺産 アンコールワット展】
2010.4/20-5/30 9:00〜17:00
岡山県立美術館
http://www.sanyo.oni.co.jp/sanyo/event/angkor/
posted by ニシユキ at 00:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。