2006年10月15日

誇り

秋です。
我が町内会でも、この土日に秋祭りが開催されていました。

CIMG3690.JPG

神社の御神輿と神主さんが、夕方になると、
「お祭りも終わりですよ〜」
という意味も込めて各地区を回っているのですが、
我が地区では何十年も前から、
その御神輿と神主さんを通せんぼをして
祭がおわらないようにする、と言う風習(?)があります。

乙島祭ほど派手ではないので、
この1時間弱が唯一の見せ場になるわけです。
老若男女、我が町民にとっては
「うは!」
と思う瞬間にあたるわけです。

たかだか30分か1時間かそこらの
通せんぼ合戦が繰り広げられるのですが、
運悪く車で通ろうものなら、一般の方までも
御神輿が通り過ぎすぎるのをじっと待たねばならない、
という状況に否応無しに追い込まれます。

さて、少子化×少子化〜と叫ばれている今日。
我が地区も他人事ではございません。
子どもの頃から御神輿を担いでいた若者達は、
担ぎ手が地区内の人数では足りないため、
友人知人をかき集めて祭に参加させているそうです。
まあ、これはどこにでもある風景ですな。

CIMG3696.JPG

わりとおとなしい地区なので、平穏無事に神輿が通っていく訳ですが、
やはり助っ人の質が毎年違っている模様です。

いざ!
御神輿にコマを付けずに、肩で担ぐ!という時になっても
なかなか息が合いません。

何度やってもうまくかみ合わないのです。
とうとう、喧嘩が始まってしまいました。

勿論、道を挟んでのことですから、
後ろに控えている神主さん&御神輿カー。
そして一般車、そして、見学している地元民でごった返す中、
おりゃ〜〜〜!!!
と荒れ狂う一人の若者。そして、それをなだめる仲間達の図が、
小さな小さな町のとある一角で繰り広げられたのでありました。

そんななか、ある一人の若者が、荒れ狂う若者に対して
おめ〜は、○○(地区名)の恥になるのが
分からんのか!!

と叫んでいました。

この言葉には、ハッとさせられました。

考えてみたら、自分の住んでいる町名が入ったハッピを着て、
公共の中を歩き回るわけです。
いくら無礼講といっても
ある程度の常識がないとそりゃ楽しくはないわな、と。

そして、その地区の重みや、御神輿を担ぐという意味合いは
そこに何十年も住み育っていないと
さっぱり分からないものなんだろうなと、
実感しました。

助っ人お祭り参加は、ありがたいお話ではありますが、
やはりそこに住む人たちが心地良くいられるようにするのが
一番なんでしょうね。

男達の世界はまったく分かりませんが、それでもなんとなく
踏み込んじゃいけない部分
つうのがあるのでしょう。
それが分かるのが、ホントの『』なんだと、
しみじみしてしまいました。


そう考えると、イベントをする場合も、同じことが言えるのかもしれません。
そこに住む人たちが喜んでもらえるようなもの、迷惑をかけないことなど、
己の自己満足だけでコトを済ませてはいかんような気がしました。


何十年も見てきた親戚のおばさんは、
「こんなことは初めてじゃ」
とちょっと残念そうでした。

もし自分が男だったら、その日だけは、現代社会の流れに反した
出で立ちでお神輿を担いでいたのかもしれません。
不思議だ。
それにしても、どうして、田舎の小さなお祭りっちゅうのは、
えせヤンキー
みたいな姿になってしまうんでしょうか。
もうちょっと
粋に着こなして頂きたい!
とオナゴは思う訳です。

CIMG3699.JPG
CIMG3698.JPG
神社に祀られている御神輿が軽トラに載せられ、
神主さんと共に町を巡回する図
posted by ニシユキ at 19:49| Comment(5) | TrackBack(0) | 文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月10日

スタコミです。

岡山から地域SNS『スタンダードネット コミュニティ』
2006年8月1日より発足しました。
コミュニティや、クリエイター紹介、その他ラジオ、テレビやショッピングetc.
様々な企画が行われるようです。
正式バージョンは、9月からスタート!だそうです。
楽しみですね。


私も、スタンダードの会員になりました。
ミクシーやら、楽天やら、色々な所に日記を書いていると
もう訳が分からなくなった!今日この頃。
この機会に、新たに日記専用のブログを設けよう!ということで
『ニシユキテン 〜モジモジ日記〜』
を始めました。

どうぞ、よろしく。
posted by ニシユキ at 03:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。